★四万十上流域の特産品である栗をたっぷり使用★【無手無冠】栗焼酎 四万十川源流特産 ダバダ火振 900ml 25度

2,070円(税込)

在庫状況 残り3です

株式会社 無手無冠(むてむか)とは高知県の西部、幡多郡大正町というところで 明治26年に酒造りを始めた蔵元さんです。
冠におぼれず、飾らず、素朴な心を大切に、ひたすら自然を生かした地の酒づくり という、創業当時からの酒造りの姿勢に由来しており、豊かな郷土資源を生かした地酒造りに徹しています。

栗焼酎ダバダ火振りは、四万十上流域の特産品である 栗をたっぷりと使った本格栗焼酎。
四万十川上流域に位置する、大正・十和・西土佐地区の高知県北幡地域は、高知県内一の栗産地です。
そして「ダバダ火振」という変わった酒名の由来は、 四万十川流域の山里の暮らしの中で、人の集まる場所を「駄場(ダバ)」と呼んでいたことと、 四万十川流域で古来より行われている鮎漁法として、夏の闇夜にたいまつの火を振り鮎を定置網に 追い込む「火振り漁」があり、四万十川に関わるこの2つの伝統的な言葉から命名されました。


栗の香りを逃がさないように低温でゆっくりと蒸留し、まろやかで飲みやすい焼酎に仕上がっています。 口中に広がる栗の香り・・・焼酎好きには堪えられない逸品です!!